Loading...
駅の混雑度に応じて形が変わる3Dプリンター製椅子「インスタント・ラウンジ」

駅の混雑度に応じて形が変わる3Dプリンター製椅子「インスタント・ラウンジ」

UEO(Instant Rounge)

概要

中国・広東省深圳の高速鉄道福田駅のプラットフォームに3Dプリンターで印刷された、一本のロープをさまざまな形に巻いて作られた椅子が展示されている。天井に吊るされた移動可能な3Dプリンターを使って、誰かが欲しいと思った時に欲しい場所に印刷できる。駅が混み合って椅子を設置するスペースがないときはロープを格納し、また新しいデザインの椅子を印刷するように設計されている。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 欲しい時に欲しい場所に3Dプリンターで椅子を印刷できる
  • 不要になったら、椅子に使われたロープを堆肥化できる
  • 環境と人の双方にフレンドリーな空間づくりに取り組んでいる