Loading...
燃料は漁業ゴミ。ノルウェーの海運会社が仕掛けるエコなクルーズの旅

燃料は漁業ゴミ。ノルウェーの海運会社が仕掛けるエコなクルーズの旅

フッティルーテン(Hurtigruten)社(Hurtigruten)

概要

ノルウェーの海洋クルーズ大手フッティルーテン社は、2021年までに、漁業ゴミや魚のアラ(内臓など、魚の食べられない部分)と液化天然ガスを組み合わせたバイオガスとバッテリーパックで、クルーズ船6隻を運行することを発表した。ノルウェーでは漁業が盛んで、いつも大量の魚のアラが手に入る。フッティルーテン社はこのことに目を付けバイオガスの導入を決めた。同社はもとより環境保護に力を入れており、2018年夏にはクルーズ船会社として初めて、船内での使い捨てプラスチック使用を廃止している。

組織種別

ここがGood!

  • 漁業が盛んな国で、有り余るゴミを資源と捉えなおした
  • 車より温室効果ガスを排出しているクルーズ船の燃料を変更することで大きな効果がうまれる
  • バイオガスを利用すれば、クルーズ船からの硫黄や窒素酸化物等の排出を防げる