Loading...
UCバークレーが開発、電子機器の排熱をエネルギーに変える薄い膜

UCバークレーが開発、電子機器の排熱をエネルギーに変える薄い膜

UCバークレー研究チーム(Device)

概要

UCバークレーの研究チームが、電子機器から出る熱をエネルギーに変える薄い膜を開発した。温度の変化によって生じた電圧差を、エネルギーに変換する「焦電エネルギー変換」のプロセスを使用。電子機器から出る大量の熱をエネルギーに変換する技術が確立されれば、電気機器の消費電力抑制や地球温暖化の抑制も期待できる。研究チームは今後、無駄な熱の流れと温度の最適化を行っていく。

組織種別

ここがGood!

  • 電子機器から出る無駄な熱をエネルギーに変換する
  • 発生した熱を効率よくエネルギーに変換するプロセスを使用している
  • 熱を回収することで、電子機器へのダメージリスクを減らせる