Loading...
プラハ国立美術館の、視覚障がい者でも「触れて」鑑賞できるアート

プラハ国立美術館の、視覚障がい者でも「触れて」鑑賞できるアート

プラハ国立美術館(Haptic Feedback Gloves)

概要

プラハ国立美術館が開発したHaptic Feedback Glovesとバーチャルリアリティ(仮想現実)を組み合わせると、目の不自由な人が世界の偉大な作品たちを”触れて見る”ことができる。レーザーを使用して作品の実物をスキャンし、その作品を3Dでバーチャル空間に作り出す。そして手袋には、振動装置が組み込まれており、手の圧力を感じる感覚器官を刺激することにより、使用者に触れているような感覚を伝えるシステムだ。

組織種別

ここがGood!

  • この新技術により、いままで不可能だったことが可能になる
  • 障害を感じさせないテクノロジーである
  • 他の用途にも利用可能である