Loading...
アイスランドの「1日7時間労働」実験で生産性向上

アイスランドの「1日7時間労働」実験で生産性向上

Alda(Alda)

概要

アイスランドでは2015年から2019年にかけて、給与を下げることなく労働時間を通常の週40時間から週35~36時間に短縮する大規模な社会実験が2回行われた。結果、実験を実施した職場の大部分で労働生産性とサービス提供の質は時間短縮前と変わらないか、むしろ改善されたという。この実験を踏まえ、現在ではアイスランドの労働者の86%が同じ給与で時短勤務になったか、今後その権利を得る予定だという。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 休日を増やしても生産性が上がるか、変わらなかったという結果に
  • ストレスや燃え尽き症候群のリスクが減り、より健康に
  • 労働や生活、人生のあり方を考える一つのきっかけになる