Loading...
物質社会の未来を問いかける、パソコンを使ったアート作品

物質社会の未来を問いかける、パソコンを使ったアート作品

ハンク・ベイヤー、アレックス・サイズモア(For the Rest of Us)

概要

2名のインダストリアルデザイナーが、私たちが普段触れている素材を見つめ直し、物が生み出す「感情」に焦点を当てたパソコンをアート作品として発表。人間にとって理想的な物質社会の未来について考えてみてほしいという想いから、鉄やプラスチックではなく、氷、石炭、ラード、蜜蝋、粘土などを使って作ったパソコンアートを生み出した。産業に最適な素材は人間にも最適であるという考え方を覆すことで、日常の中にある物質への一般的な先入観を捨てることに挑戦し続けている。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • アート作品で日常の常識を覆すきっかけを提供している
  • パソコンという最も身近な製品をアイコンにし、現代社会に警告を投げかける
  • 環境問題を考える際にも大事な、物質社会の未来を考えるきっかけに