Loading...
魚の鱗や皮でつくる生分解性バイオプラスチック

魚の鱗や皮でつくる生分解性バイオプラスチック

ルーシー・ヒューガス(「ジェームズダイソンアワード」受賞者)(マリーナテックス(MarinaTex))

概要

魚を食べるときに捨てる鱗や皮から生分解性バイオプラスチック「マリーナテックス(MarinaTex)」が開発された。その見た目は半透明でやわらかく、使用感はまさにプラスチック。強度もあり、ビニール袋によく使われているLDPE (low-density polyethylene)よりも高い張力耐性がある。特殊な条件下でなくても生分解されるのが特徴で、家庭でコンポストしても4~6週間ほどで土に還る。製造の際に必要な温度は100度以下と低く、生産にかかるエネルギー量も少ない。

組織種別

ここがGood!

  • 年間5000万トンもある魚の鱗や皮など、廃棄物を材料としている
  • 家庭でも簡単にコンポストできる
  • 生産時にかかるエネルギー量が少ない