Loading...
インドのスタートアップが開発した、環境に優しい「食べられるビニール袋」

インドのスタートアップが開発した、環境に優しい「食べられるビニール袋」

EnviGreen(EnviGreen)

概要

新たにインドのスタートアップ企業「EnviGreen」の創業者であるAshwath Hedge氏が、4年の歳月をかけて100%生分解性のオーガニックな「食べられる」プラスチック袋を開発した。一見普通のプラスチック袋だが、バナナや植物油、さとうきび、タピオカ、トウモロコシなど12種類の原材料からできていて、バックだけでも約3ヶ月で自然に分解される。水を使えば1日で、沸騰したお湯であれば数秒で分解することが可能だ。

組織種別

ここがGood!

  • バックだけでも約3ヶ月で自然に分解される生分解性である
  • 水を使えば1日で、沸騰したお湯であれば数秒で分解することが可能だ
  • 見た目や機能に関しては普通のポリエチレン袋と相違がない