Loading...
工場で回収したCO2を香水の原料にする米化粧品大手コティ

工場で回収したCO2を香水の原料にする米化粧品大手コティ

コティ(コティ)

概要

米国の大手化粧品メーカー「コティ」は香水を製造する際の環境への負荷を減らすため、工場で排出されたCO2を回収してエタノールを生成し、製品に使うことを発表した。この方法であれば工場のCO2排出量を減らすことができ、香水の製造に必要な水や土地も少なくて済むため、環境保全に大きく貢献する。同社は2023年までに、フレグランス製品の大半に、CO2を回収してできたエタノールを使うことを目指すという。

組織種別

ここがGood!

  • CO2から香水ができれば、工場のCO2排出量を減らすことができる
  • 排出されたCO2を繰り返し利用することができるようになる
  • 香水の製造に必要な水や土地が少なくて済むため、環境保全に貢献