Loading...
霧をとらえて飲み水に。水不足の危機を解決する巨大ネット「CloudFisher」

霧をとらえて飲み水に。水不足の危機を解決する巨大ネット「CloudFisher」

Dar Si Hmad(CloudFisher)

概要

モロッコの山間に暮らすAmazighというコミュニティでは、水不足で生存が危うく、都市部に移住して家畜を売る家庭も多かった。水不足による生活苦を軽減しようと、モロッコのDar Si HmadとドイツのThe Water Foundation and Aqualonisはパートナーを組み、空中をさまよう霧を捕らえて水に変えるプロジェクトを始めた。山間に垂直に立てられた巨大なネット「CloudFisher」にあたった霧から水滴を集め、下に設置された水タンクへと流し、その後パイプラインを通じて家庭に清潔な水を送る仕組みである。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 貧困のスパイラルとなる、水汲み労働や家畜の売却をしなくて済む
  • 都市に移住しなくても地元で安定したコミュニティを維持できる
  • 乾燥帯で水の代替として霧を使う世界的な傾向を促進