Loading...
気候危機の真実を伝える、溶けていくフォント「Climate Crisis Font」

気候危機の真実を伝える、溶けていくフォント「Climate Crisis Font」

ヘルシンギン・サノマット(Climate Crisis Font)

概要

フィンランドの新聞社であるヘルシンギン・サノマットは、人々に気候危機の緊急性をわかりやすく伝えたいとの想いから、北極の氷が溶ける様子を反映したフォント「Climate Crisis Font(気候危機のフォント)」を開発した。このフォントは、スライドを左右にドラッグすることで文字の太さが変わり、1979年から2050年にかけて北極の氷が溶けていく様子を可視化している。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 気候変動という大きな問題を身近なフォントのデザインに落としている
  • メディアとして複雑な問題をわかりやすく伝える取り組みである
  • フォントは公式ホームページから誰でもダウンロードすることができる