Loading...
気候変動とパンデミックに立ち向かう、「自給自足できる」中国雄安新区の街づくり

気候変動とパンデミックに立ち向かう、「自給自足できる」中国雄安新区の街づくり

中国政府(自給自足できる街)

概要

中国政府は現在開発中の雄安新区を、将来的な感染症のリスクと環境への影響を配慮したグリーンで「自給自足できる街」にしていくことを発表した。街には家庭菜園や農作物の温室が設置され、菜食ベースの食事であれば40%の食料需要に対応できる見込みだ。そのほか、コワーキングスペースやプライベートなアウトドアスペースとして利用できるテラスが建物内に設置される。また、街の建物は通常の建物よりもエネルギー使用率を8割削減できるなど、環境にも配慮している。

組織種別

ここがGood!

  • あらゆる側面から環境に配慮しつつ、感染症対策も施した街を開発している
  • 仮にサプライチェーンが途絶えても「自給自足できる」街である
  • 住民同士が交流できる機会を設けるなど、人とのつながりも重視する