Loading...
盲目の元復員兵が集まる、バスから劇場までバリアフリー都市

盲目の元復員兵が集まる、バスから劇場までバリアフリー都市

マールブルク(マールブルク)

概要

ドイツ中部の都市マールブルクは、第一次世界大戦の影響から盲目の復員兵が集まるようになり、視覚障害者も暮らしやすいような街へと変化していった。たとえば、信号機は音が鳴り、道には小さな突起があり、障害者をナビゲートする。また、車が縁石に近づくと警告信号が発せられる。バスの運転手はバス停でなくても、視覚障害者が乗車を希望する場合は止まるように訓練されている。バス停ではボタンを押すと、運行状況が音声でアナウンスされるようになっている。

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 視覚障害者の人々が生活しやすい、バリアフリーが当たり前の街に
  • いたる所に「見えない人・見えにくい人」のための工夫が凝らされている
  • 視覚障害があったとしてもワクワクできるような、楽しい街をつくる