Loading...
シンガポール発、木のゴミをコンクリートに混ぜて建物を強くする技術

シンガポール発、木のゴミをコンクリートに混ぜて建物を強くする技術

シンガポール国立大学研究チーム(Concrete)

概要

シンガポール国立大学が開発した、木のゴミをコンクリートに混ぜる技術には、利点が2つある。1点目は、大量に廃棄されてきた木のゴミをバイオ炭として再利用することで、廃棄物を削減できること。アパート1戸を作ると、6トンもの木のゴミをリサイクルできる。2点目は、バイオ炭をセメントに混ぜることで、建物の強度を20%、水密性を50%も向上させることができること。これにより、施工期間の短縮とコスト削減が可能になる。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • 大量に廃棄される木のゴミを、バイオ炭として再利用できる
  • 木のゴミを混ぜることで、建物の機能性が向上する
  • 木のゴミを混ぜることで、セメントの使用を減らすことができる