Loading...
ドローン植林がマングローブを救う。ミャンマーで始まる森林保護のイノベーション

ドローン植林がマングローブを救う。ミャンマーで始まる森林保護のイノベーション

BioCarbon Engineering(BioCarbon Engineering)

概要

ミャンマーでは、長年にわたる乱伐などでマングローブが激減した。水をろ過してくれるマングローブの根は魚など多様な生物にとって貴重な存在であると同時に、嵐から海岸線を保護する役割もあり、人間にとっても重要な存在だ。そこで、BioCarbon Engineeringはドローンを活用し、効率良く植林を行っている。以前は住民による手作業の植林が行われていたものの、森を失う速度に追いつかなかったためだ。最終的に約10億本の木を植えることを目指す。

組織種別

ここがGood!

  • テクノロジーを用いることで、より効率的に問題を解決できるようになる
  • 余った人手は、ドローンでは代替できない若木の育成に注力できる
  • NPOと協業することで、より広く問題解決にアプローチできる