Loading...
イギリス生協Co-opが開発した、100%生分解可能なティーバッグ

イギリス生協Co-opが開発した、100%生分解可能なティーバッグ

イギリス生協 Co-op(Teabag)

概要

イギリス生協Co-opが100%生分解可能なティーバッグの製造を発表した。市販されているティーバッグの多くは、ティーバッグの形状を保つ目的でポリプロピレンを使用している。この新しいティーバッグではプラスチックを使わずに、熱でティーバッグを封印する。イギリス生協 Co-opは、年間3.6億個のティーバッグに相当する460万箱の紅茶を販売しており、これを100%生分解可能なものにすることで、家庭ゴミや生ごみとして廃棄される毎年9トンのプラスチックが削減できる。

組織種別

ここがGood!

  • 熱でティーバッグを封印することで、プラスチックの使用をなくした
  • 年間3.6億個のティーバッグの販売元が脱プラスチックに取り組んでいる
  • ティーバッグから発生するマイクロプラスチック問題の解決にもつながる