Loading...
「ウツになりそうな社員」を見つけ出すAI

「ウツになりそうな社員」を見つけ出すAI

マサチューセッツ工科大学(Neural Network)

概要

マサチューセッツ工科大学がうつ病発見のためのニューラルネットワークを開発している。うつ病の人とそうでない人の音声データをAIが蓄積・分析し、うつ病患者の発言に多い特徴や会話全体の印象などから、うつ病のサインを見つけ出す。テクノロジーの精度がより高まれば、自然な会話のちょっとした違いや、SNSで投稿した言葉遣いなどから、うつ病の兆候を発見できるようになる可能性も出てくる

組織種別

ここがGood!

  • 自己申告でしか叶わなかったうつ病の発見に、AIの力を導入した
  • 自覚症状がない場合のうつ病患者を発見できる可能性がある
  • 客観的なデータにより、上司や同僚も状況が理解しやすい