Loading...
開店は夜の7時半。ホームレス支援のビッグイシューが始めた「夜のパン屋さん」

開店は夜の7時半。ホームレス支援のビッグイシューが始めた「夜のパン屋さん」

ビッグイシュー(夜のパン屋さん)

概要

社会の成熟度と仕組みづくりは常に課題を抱えており、コロナ禍でそのひずみが顕在化している中、東京・神楽坂では市民が持てる力を結集させて助け合いの輪をつなぐユニークなプロジェクト、「夜のパン屋さん」が立ち上がった。明日のパンに困る人もいる一方で、せっかくのパンが捨てられている食品廃棄問題にも向き合っている。ビッグイシューの企画で、持続性のある使い方をしてほしい」と寄せられた寄付金をきっかけに始まった企画だ。

組織種別

ここがGood!

  • 食品廃棄とホームレスの餓えを同時に減らすことができる
  • きちんと事業として循環し続けられる仕組みを確立させることを重要視している
  • ホームレスの人々は合計3時間ほどの時給を得ることができる