Loading...
水中ロボットで海の底からきれいに。欧州の海洋プラ収集プロジェクト「Sea Clear」

水中ロボットで海の底からきれいに。欧州の海洋プラ収集プロジェクト「Sea Clear」

フラウンホーファー研究機構(SeaClear)

概要

海洋プラスチックの約90%が海底に沈み、海中のプラスチックごみを取り除くのは至難の業だ。ドイツに本拠を置くフラウンホーファー研究機構は、海底に沈んだプラスチックをドローンとロボットを使ってマッピングして収集するというプロジェクト、「SeaClear」を発表した。1台の水中ロボットとドローンで海面と水中のごみをマッピングし、もう一台の水中ロボットがマッピングされた海底ごみを収集して、箱に捨てるという仕組み。AIを使用し海洋生物と区別している。

組織種別

ここがGood!

  • 人間が生み出した課題の解決にテクノロジーを活用する好例
  • 最終的なSeaClearシステムは、サンゴ礁を区別しごみだけを収集できる
  • 様々な環境下で機能するように、適した対策が施されている