Loading...
世界中に住所を。3つの単語が新しい位置情報になる「what3words」

世界中に住所を。3つの単語が新しい位置情報になる「what3words」

what3words()

概要

世界には正式な住所がわからない、住所があてにならない場所もあれば、そもそも住所がまったく存在しない場所もある。イギリスの会社what3wordsはこの課題を克服するため、まったく新しい方法で世界中の位置情報を決める仕組みを考案した。同社は世界全体を57兆個の、3メートル四方の正方形に分割し、それぞれの正方形に「テーブル、ランプ、スプーン」といった異なる3つの単語を割り振った。このシステムなら、「ある住所の中のこの位置」という部分まで伝えられるため、住所がはっきりしている場合にも役立つ。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 大きな公園や、建物は特定できても入り口がわかりにくいケースにも有効
  • GPSを利用した位置情報よりも覚えやすく、相手に伝えやすい
  • 住所不定の貧困層の課題解決にも繋げられる