Loading...
VRで子どもの視点を経験できる?子どもの危機管理に大きな一歩

VRで子どもの視点を経験できる?子どもの危機管理に大きな一歩

バルセロナ大学()

概要

VR空間を活用し、バルセロナ大学の研究チームは「子どもは周りのモノの大きさを正確に把握できない」ことをVRで実証する研究結果を発表した。この研究から子どもの危機管理につながるだけでなく、過去の実験では、「VR空間内でアインシュタインのアバターでIQテストに答えると普通のアバターよりも高得点を記録した」という研究結果も存在し、自分自身に対するイメージが自分の行動や態度に影響することを示している。

組織種別

ここがGood!

  • 身の周りの空間を正確に認識することが難しいため、子どもの危機管理につながる
  • VRを用いて他人の視点を経験し、その人の認知に大きな影響を与える
  • VRを使って異なる視点や考え方を経験することで、自らの行動や態度を変容させられる