Loading...
CO2を閉じ込める、藻で染めたTシャツ

CO2を閉じ込める、藻で染めたTシャツ

Vollebak(Vollebak)

概要

英国アパレルブランド「Vollebak」は、石油が原料の染料であるカーボンブラックではなく黒い藻類を使った黒色のTシャツを開発した。製造過程でCO2を排出するカーボンブラックとは対照的に、藻類は成長過程でCO2を吸収し、光合成によって生成された酸素を大気中に放出する。成長過程で吸収されたCO2は、Tシャツの状態でおよそ100年にわたって閉じ込められ続ける。なお、Tシャツを土に埋めると約12週間で土に還る特性を持ち、廃棄物削減につながる。

組織種別

ここがGood!

  • 石油ではなく、環境に優しい藻類を使って黒色に染め上げる技術を開発
  • Tシャツの素材はFSC認証を取得した木材を含め、100%植物由来
  • Tシャツは土の中で分解されるため、廃棄物削減につながる