Loading...
パーマカルチャ―を学ぶ。ノートルダム大聖堂のサステナブルな再建アイデア

パーマカルチャ―を学ぶ。ノートルダム大聖堂のサステナブルな再建アイデア

Studio NAB(Studio NAB)

概要

2019年4月にノートルダム大聖堂火災が発生し、鎮火した後にフランス政府はノートルダム大聖堂の一部再建のため国際コンペを発表し、世界各地から修繕の建築アイデアが集まった。そこでパリの建築事務所Studio NABはパーマカルチャーを活用して「焼け落ちた屋根と尖塔部分をガラス張りにして、温室(グリーンハウス)と養蜂場を設ける」アイデアを発表した。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 教会で大切にされている価値観(設計に敬意を表す・生物多様性を再構築する・良心を教育する・社会と結びつく)を、ノートルダム大聖堂を通じて表現している
  • 養蜂家の協力のもと、生活困窮者が職業訓練する場づくりをするなどの構想が練られている
  • 今まで大聖堂が積み重ねてきた歴史と、今これから向き合っていくべき未来、どちらも考えるスタイル