Loading...
クリエイティブな社会参加で認知症患者の生活の質を上げる「スポーツ追憶セラピー」

クリエイティブな社会参加で認知症患者の生活の質を上げる「スポーツ追憶セラピー」

コネチカット大学(スポーツ追憶セラピー)

概要

米国のコネチカット大学人間開発学部のマイケル・エゴ教授は「もちろん、治療法を見つけ出すための努力は大事だが、認知症になった人々の生活の質を向上させることも重要だ。」としている。その一つの方法が、スポーツ追憶セラピーだ。スポーツ追憶セラピーは、認知症の患者が集まりグループで社会活動に参加する「ソーシャライゼーションプログラム」の一種だ。このプログラムには音楽、本の読み聞かせ、演劇、ダンスなどの創造的な表現を取り入れており、過去の研究はその有効性を実証している。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 他者との交流を介して参加者はより幸せで、社交的になる
  • 創造的な活動で気持ちを高揚させ、患者の生活に意義と潤いをもたらす
  • 誰もが知ってるスポーツのため、誰でも参加することができる