Loading...
CO2からできたインクで大気汚染を訴える、ペルーの看板「Lima Talks」

CO2からできたインクで大気汚染を訴える、ペルーの看板「Lima Talks」

Calidda(Lima Talks)

概要

世界保健機関の世界的な都市大気汚染に関するデータによると、ペルーは南米の中で最も汚染が酷い国の一つである。そこでペルーの天然ガス会社Caliddaが広告代理店のMcCannと共に啓発キャンペーンを実施。交差点に設置された真っ白な看板に付いた装置が道を走る車から出る汚染物質を集め、ガスからパウダーに変え、「Me cuesta mucho respirar(呼吸が苦しいです)」というメッセージを浮かび上がらせる仕掛けだ。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 目に見えない排気ガスを目に見える形にするデザインの良さ
  • インクを使うのではなく、廃棄物自体を素材として用いる
  • 変化する看板にすることで、人々の注意を引くことができる