Loading...
パーキンソン病特有の「すくみ足」を解消するハイテクシューズ

パーキンソン病特有の「すくみ足」を解消するハイテクシューズ

トゥウェンテ大学(Lasor cue shoes)

概要

オランダ・トゥウェンテ大学の研究チームが、パーキンソン病のリハビリを日常生活の中で行えるようになるレーザーを内蔵した特別なシューズを開発した。このシューズを履くと、歩行が止まった段階、すなわち使用者がすくみ足に陥ったタイミングで、レーザーが作動する。45cm先の地面を照らし、使用者はそのレーザー照射に従って足を動かすと、リハビリと同じ効果が得られる。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • ハイテクシューズを履くことでパーキンソン病患者が家でリハビリできる
  • 病院に行かなくてよいため、好きな時間にリハビリができるようになる
  • 使用者の動きを読み取る高度な機械が内蔵されている