Loading...
デンマークの小さな工業都市で50年前から育まれた「サーキュラーエコノミー」

デンマークの小さな工業都市で50年前から育まれた「サーキュラーエコノミー」

Kalundborg Symbiosis(Kalundborg Symbiosis)

概要

デンマーク・カルンボー市の「Kalundborg Symbiosis」は創設から現在まで50年以上にわたって熱や水、蒸気、廃棄素材などを地域内の異なる業種の大企業のあいだで循環させている。複数の企業間で協業し、異なる産業のセクターでそれぞれが持つ「ごみ」や知識を互いに共有し合う仕組みだ。たとえばアスナス発電所の余剰熱は、地元の3,500軒の住宅を暖めるのに使われ、副産物として出る汚泥は農業用の肥料として販売されている。

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 同じ地域の異業種間でそれぞれのごみや知識を共有しあい、無駄をなくす
  • 政府や企業によるトップダウンではなく、自発的に始まったしくみ
  • 資源の利活用を積極的に推進し、環境負荷の軽減を図る