Loading...
100万台の車相当のエネルギーを節約する、新たな冷凍技術

100万台の車相当のエネルギーを節約する、新たな冷凍技術

カリフォルニア大学(等積・定積冷凍)

概要

カリフォルニア大学などの研究者らが、特殊な液体が入った密閉容器に食品を入れ、冷凍庫で冷やす新たな冷凍の手法「等積・定積冷凍(isochoric freezing)」を発表した。従来の冷凍技術では温室効果ガスの排出量が高いが、等積・定積冷凍技術は世界でのエネルギー消費量を年間最大64億9,000万キロワット、CO2排出量を年間45億9,000万kg削減できると見込む。また、食品の品質を大幅に改善し、より長く保存することも可能になるという。

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 従来の冷凍技術と比較してCO2排出量を大幅に削減できる
  • 新たな冷凍技術は食品の品質を大幅に改善し、長期間保存できる
  • 人口増加による食料危機やフードロスの解決方法として期待できる