Loading...
小さなお皿に変えるだけ。Googleの社食で進む、食品ロス削減ナッジ

小さなお皿に変えるだけ。Googleの社食で進む、食品ロス削減ナッジ

Google(小さなお皿)

概要

Googleが、社員食堂で従来より約2.5cm小さい深さの皿を使い始めたところ、食べ残しを最大7割削減できたとFast Companyが報じた。小さな皿に変えたことで、無意識のうちに食べ物を30?50%少なく取るようになったとのこと。お皿を変えるというちょっとした工夫(ナッジ)の積み重ねが、環境負荷の軽減につながる。Googleは2025年までに社員 1 人当たりの生ごみ量を半分に減らし、最終的には生ごみの埋め立てゼロを目指している。

ここがGood!

  • 小さなお皿に変えるという小さな取り組みで環境負荷を軽減
  • イリノイ大学の研究でもお皿のサイズと食べ残しとの関係が明らかになった
  • Googleは2025年までに社員 1 人当たりの生ごみ量を半分に

ソリューション

組織種別