Loading...
NYのミレニアルズが集うお酒を“出さない”バー「Getaway」

NYのミレニアルズが集うお酒を“出さない”バー「Getaway」

Getaway(Getaway)

概要

欧米諸国で見られる傾向で、アメリカに住む21~34歳の3分の2が健康への悪影響を懸念して飲酒量を減らそうとしているという。このような状況のなか、アメリカのブルックリンでは、お酒を出さないバー「Getaway」がにぎわっている。バーはバーテンダーや他の客との社交の場であり、アルコールは二の次としていて、体質的にお酒が飲めない人や、あえてお酒を飲まないライフスタイルを選ぶ「ソバー・キュリアス(Sober Curious)」と呼ばれる人々の需要に応えている。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 世界で沸き立つSober(しらふ)ブームのニーズに応えている
  • 求めているのはアルコールではなく、社交の場であるというミレニアルズのトレンドを捉えている
  • 飲める人、飲めない人が同じ状況で社交を楽しむ場という選択肢を増やしているところ