Loading...
「帰れる」と錯覚。認知症患者の行方不明を防止する偽のバス停

「帰れる」と錯覚。認知症患者の行方不明を防止する偽のバス停

Benrath Senior Center in Dusseldorf()

概要

ドイツの養護施設Benrath Senior Center in Dusseldorfは、勝手に施設から出てバスに乗って自宅や家族の所に帰ろうとして行方不明になるアルツハイマー病患者の対応に悩んでいた。そこで患者が遠くまで行ってバス停を探さずにすむように、施設近くに偽物のバス停の看板を立てた。偽のバス停は、患者の気をなだめる効果を発揮し、バスを待つ間、自分がどうしてバスに乗ろうとしたかを忘れてしまう所にスタッフが迎えに来る。システムの効果は絶大で、ヨーロッパ中の多くの養護施設が偽のバス停を立てている。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 認知症の症状をうまく適用し、患者を傷つけない仕組み
  • 莫大な予算や最先端のテクノロジーを必要としない
  • 介護スタッフの負担を減らすことができる