Loading...
スタンフォード大が開発した「最も漁業に適した場」を探すソフトウェア

スタンフォード大が開発した「最も漁業に適した場」を探すソフトウェア

スタンフォード大学研究チーム(tool to improve fishing efficiency and sustainability)

概要

捕獲目的以外の魚や、ウミガメ等の保全すべき海洋生物の捕獲を減らすため、スタンフォード大学研究チームが「EcoCast」というソフトウェアを開発した。漁業管理者が指定する漁師が避けるべきエリアには、生物の動性が反映されておらず、保全すべき魚が保護区域から出て漁業網にかかってしまうことがあった。そこで、衛星データや地図、漁師の観察記録を組み合わせて、1日ごとに最適な漁場を表示するEcoCastが開発されたのだ。EcoCastは、これまでのシステムに比べて、10倍も効率良く種を保全できるという。

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 効果的に生物の種を守ることができる
  • 生物の動性を考慮した正確性のあるシステム
  • 漁師だけでなく、科学者や資源管理者、研究者にも有益なツール