Loading...
ロンドン発、IoTでコーヒーカップのシェアリングを実現する「Cup Club」

ロンドン発、IoTでコーヒーカップのシェアリングを実現する「Cup Club」

Cup Club(Cup Club)

概要

ロンドンに拠点を置くサーキュラーエコノミースタートアップの「Cup Club」は、RFIDタグがついた世界初となるIoTスマートカップを用いて、消費者にカップのリサイクルを促すエコシステムを構築した。消費者はCup Clubに参加すると、どのショップでコーヒーを購入したかに関係なく、このプログラムに登録している店舗であればどこでもカップを返すことができる。複数の返却ポイントを用意することでユーザーの参加を容易にしている。紙コップを回収して資源としてリサイクルするのではなく、カップそのものを再利用するという仕組みとなっている。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • ユーザーにリワードを与えることができ、継続しやすい
  • カップの再利用を都市レベルで機能させる
  • プログラムに登録している店舗であればどこでもカップを返却可