Loading...
米カリフォルニアの、新築住宅への太陽光パネル設置義務付け政策

米カリフォルニアの、新築住宅への太陽光パネル設置義務付け政策

カリフォルニア州(California law)

概要

米カリフォルニア州は、2020年から新築住宅への太陽光パネル設置を義務付ける。増築・改築される既存住宅も対象。他にも新しい建築基準の重点項目として、最新の熱性能基準、居住用および非居住用建物の換気、非居住建物の照明の改善を掲げており、これらにより以前の基準で建設された住宅よりエネルギー消費が53%少なくなり、3年間で削減される温室効果ガス排出量は70万トンにもなる。新築住宅建設コストは約104万円増えるが、エネルギーと維持費は30年間で約208万円削減できる。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 州政府による義務付けで、太陽光発電の普及を促している
  • 新建築基準により、住宅の温室効果ガスの排出を大幅に削減する
  • すべての新築住宅をゼロ・エネルギー・ハウスにする取り組みである