Loading...
データセンターの廃熱で暮らすノルウェーの都市計画「The Spark」

データセンターの廃熱で暮らすノルウェーの都市計画「The Spark」

Lyseparken(The Spark)

概要

ノルウェーのベルゲン近郊の閑散とした地域では、データセンターから出る廃熱を利用して、生産エネルギーが消費エネルギーを上回る新たな街「Lyseparken(リューセパーケン)」をつくる計画「The Spark」が進んでいる。従来のデータセンターは広大な土地を必要とし、遠隔地に設置されることが多いが、このスパークプロジェクトで建設予定のコンパクトなデータセンターは都市近郊に建設することも現実的で、データトランスファーの時間も節約することができる。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • 地元の再生可能エネルギーでの自給自足をして環境に負荷が少ない消費
  • データセンターの廃熱を利用することで二酸化炭素を削減
  • 液体が循環してデータセンターに戻るころ、再び冷却液として機能する