Loading...
下水から文房具をつくる、NY流サーキュラーデザイン

下水から文房具をつくる、NY流サーキュラーデザイン

GARRETT BENISCH(Sum Waste)

概要

米ニューヨークを拠点に活動するデザイナーのギャレット・ベニシュ氏は、ニューヨーク市内の下水処理場で発生したバイオソリッド(下水汚泥)を使い、環境負荷の低いペンを作るプロジェクト「Sum Waste」を始めた。ペン本体はバイオソリッドをバクテリアに与えることで生成される生分解性プラスチックからできておりコンポストが可能だ。インクはバイオソリッドを炭化して生じた木炭から作る顔料を使用している。

業界

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • 廃棄物を原料に活用することで製造工程の環境負荷を低減
  • ダウンサイクルまたは埋め立て処理をされてきたバイオソリッドを再資源化
  • バイオソリッド由来の生分解性プラスチックを本体に使用しコンポスト可能