Loading...
屋上サイクリングで発電するカーボンニュートラルな博物館

屋上サイクリングで発電するカーボンニュートラルな博物館

COBE(科学センター)

概要

スウェーデンの化学ミュージアムの屋上に設置された自転車「エナジーバイク」に乗り、ペダルをこぐことによってミュージアムの電力を発電する仕組みを導入。自転車のペダルを漕ぐといった遊び心のある方法を採用することによって、カーボンニュートラルなミュージアム運営に貢献でき、子供から大人までたくさんの人が楽しみながら自然科学に興味を持つことができる、画期的なアイディア。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • 子供から大人までたくさんの人が楽しみながら自然科学に興味を持てるようにと、遊び心のある方法を採用
  • ミュージアムの屋根を覆うソーラーパネルでも十分な量の発電を行っているので、自転車の漕ぎ手がいなくても停電することはない。
  • 両隣の研究施設で発生した過剰な熱はミュージアムの空調に利用される