Loading...
迷子も怖くない。子どもにつける連絡先のIDタトゥー「SafetyTat」

迷子も怖くない。子どもにつける連絡先のIDタトゥー「SafetyTat」

SafetyTat(SafetyTat)

概要

アメリカでは毎日2000人以上もの子どもが迷子になっており、小さな子どもと外出するとき、親は子どもが迷子にならないか心配だ。3人の子どもを持つ母親のアイデアから、アメリカのSafetyTat LLCは、いざという時の連絡先を子どもの体に直接記すSafetyTatという商品を考案。一時的なタトゥーで、シールのようにはがせたりアルコール液で落とせたりできる。仮に迷子になってもちゃんと親の元に戻ってくるという安心感があれば、外出の緊張感も軽減する。

イシュー

組織種別

ここがGood!

  • 多種多様なデザインがあり、アクセサリー感覚で楽しむことができる
  • 防水になっているため、汗をかく季節や海でも安心して使える
  • シールのようにはがせたりアルコール液で落とせたりと使い方が簡単