Loading...
アマゾン先住民族の「ありのまま」の姿を映し出す、映画「カナルタ」

アマゾン先住民族の「ありのまま」の姿を映し出す、映画「カナルタ」

太田光海(カナルタ 螺旋状の夢)

概要

東日本大震災を契機に「人間が自然とどう共生していけるか」に関心を持った人類学者の太田光海さん。1年間アマゾンに入り込み現地の先住民族シュアール族の暮らしに密着したドキュメンタリー映画『カナルタ 螺旋状の夢』を制作した。シュアール族の暮らしは、すべてがつながり合う、円環の思想を大切にしているのだという。そんなありのままの様子を映像にすることで、自然と人間の共生について問いかける作品になっている。

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 環境問題を扇動的に伝えず、先住民族のありのままの暮らしを映像に
  • 映像を通して人間と自然がどのように共生していけるかを問いかける
  • 自分自身がよりしなやかに生きていくことの大切さを伝えている