Loading...
コロナ禍にメキシコのバーが始めた音声サービス「I Miss My Bar」

コロナ禍にメキシコのバーが始めた音声サービス「I Miss My Bar」

Maverick(I Miss My Bar)

概要

コロナ禍で実感する、何を議論するわけでもない、何を達成するわけでもない、他愛もない会話の大切さ。ロックダウンが行われていたメキシコで、Maverickというバーが始めたのは、バーでの時間を音声で再現するというものだ。「働くバーテンダーの音」「窓に当たる雨の音」「注文した飲み物が到着するときの音」など様々な音声をアレンジして流せるようになっている。それぞれの音量も調整することができ、心地よいオリジナルのバーを作り出せる。

組織種別

ここがGood!

  • 音声を自分で調節し、オリジナルのバーを作り出せる
  • 全世界の困窮するバーを励まし、バースタッフの生活へのサポートを呼びかけ
  • コロナが終わったらバーに行こう、人と会話しようと思わせてくれる