Loading...
社内制度「20%ルール」から生まれたGoogle Mapバリアフリー情報

社内制度「20%ルール」から生まれたGoogle Mapバリアフリー情報

Google(Googleマップ)

概要

Googleローカルガイドチームは、新たにGoogleマップに車椅子対応の項目を追加したことを発表した。この機能により、車椅子や杖、ベビーカーを使用するユーザーは、地図上にある施設や店舗がバリアフリーに対応しているかどうかがすぐに分かるようになった。Googleには業務時間の20%を自分の好きなプロジェクトに割いてよいという社内制度「20%ルール」が存在し、今回このルールを使ってGoogleマップに車椅子対応の情報を追加したという。

イシュー

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 車椅子利用者など、バリアフリー対応の場所を簡単に検索できるようになる
  • 社員の自主性を重視した結果、社会の役に立つサービスが生まれる
  • 障がい者を含むさまざまな立場の人が使いやすいサービスに