Loading...
食品ロス削減へ 。中国で可決された「食べ残し禁止法」

食品ロス削減へ 。中国で可決された「食べ残し禁止法」

中国政府(反食品浪費法)

概要

中国で食べ残しを禁止する法律「反食品浪費法」が可決された。過剰な量の食べ残しをした客に対して、飲食店側は食べ残した分の処分費用を請求できる。飲食店に対しても、店員は客が適量を注文するよう促す必要があり、大量に注文させた場合は最大で1万元(約16万円)の罰金となる。また、中国の動画共有サイトで人気の「大食い映像」の配信を禁止し、大食い番組に関わったテレビ局や動画配信業者に対しても最大10万元(約160万円)の罰金を科す。

ソリューション

組織種別

ここがGood!

  • 料理を多く作ってもてなす中国の文化に対し、法規制で変革を促す
  • 罰金の金額が高く設定されており、抑止効果が期待できる
  • 法規制を契機に、食べ物を大切にする動きが期待できる