Loading...
バリアフリーなeスポーツイベント就労支援「ePARA」

バリアフリーなeスポーツイベント就労支援「ePARA」

ePARA(ePARA)

概要

障がい者の法定雇用率を達成している企業は48.6%と半数以下であり、スキルや意欲があるのにやりがいをもって働ける仕事に就けていない障がい者は多い。その現状に目を向けたのが、障がい者を対象としたバリアフリーのeスポーツイベント事業の企画・運営、就労支援事業を手掛ける「ePARA(イーパラ)」。eスポーツやメディア運営を通じて障がい者の就職に向けたスキルセットを強化し、障がい者雇用を求める企業とマッチングする事業モデルを強化していく計画だ。

組織種別

ここがGood!

  • eスポーツ大会の運営業務などを通じて障がい者のキャリアアップを支援
  • 専門家による適性診断で、障がい者と企業との最適なマッチングを提案
  • eスポーツによる認知機能などへの影響を分析し、就労支援に役立てる