Loading...
LWARB「Circular London」に学ぶ、循環型都市への道のり

LWARB「Circular London」に学ぶ、循環型都市への道のり

LWARB(London Waste and Recycling Board)(Circular Economy Route Map)

概要

欧州最大の都市、英国ロンドンでは、増加し続ける人口と消費に対応し、持続可能な都市づくりを実現するための戦略として、「サーキュラーエコノミー」の概念が採用されている。その中心的役割を担うLWARBのジェームズさんは、2036年のロンドン循環型都市への移行に向け、ルートマップを作成したり、オフィスにサーキュラーデザインのアイテムを導入したり、取り組みに力を入れている。取材では、サーキュラー型の社会では人々のコミュニケーションが盛んになり、コミュニティにも恩恵をもたらすと語っている。

組織種別

ここがGood!

  • 特定の分野にとどまらず多方向からサーキュラーエコノミー にアプローチ
  • サーキュラーデザインの採用に徹底的にこだわったオフィス
  • サーキュラーな社会はコミュニティにも恩恵をもたらすという発想の転換